【3分で理解】共役酸・共役塩基とは?見分ける方法は?「解説」

理論化学

今回は、共役酸・共役塩基とは何か、それらを見分ける方法について解説していきます!

共役とは

酸・塩基という言葉は耳にしたことがあるかと思います。しかし、そこに「共役」が付くとたちまち見慣れない言葉になってしまいます。しかし、安心してください!
まずは、この「共役」の意味を説明します。

共役とは、「対」「ペア」を意味する言葉であります。

例えば「右と左」であったり、「男と女」といったような関係をイメージしていただければと思います。(例えに自信はないですが、、笑)

この意味をもとに、実際に共役酸共役塩基に当てはめて考えてみましょう。

共役酸・共役塩基

今回は酢酸(CH3COOH)を例にとって考えていきます。

酢酸は水溶液中において電離し、式(1)のような反応が生じます。これにより、CH3COOHとCH3COOが同時に存在しています。

(酢酸の電離について詳しくはこちら【詳しく解説】電離度の求め方・弱酸は本当に電離しにくいのか?

CH3COOH共役酸CH3COO共役塩基であります。

CH3COOHとCH3COOのように、共役酸と共役塩基は[H+]が付いているか・付いていないかで対の存在になっています。

共役酸・共役塩基の見分け方

ここで、「対になっている2つの内、どちらが共役酸でどちらが共役塩基となるの?」という疑問が出てきます。

これについて解説していきます。

結論から申し上げると、
・もとの物質からH+を取り除いたものが共役塩基(もとの物質は共役酸)
・もとの物質にH+を付けたものが共役酸(もとの物質は共役塩基)

です。

先程の式(1)においてはもとの物質(CH3COOH)からH+を取り除くことで、CH3COOができています。
つまりH+を取り除いた CH3COO共役塩基であり、もとの物質である CH3COOH共役酸です。

アンモニアの共役酸・共役塩基

つぎにアンモニアを例にとって考えていきましょう。

アンモニアは水溶液中で式(2)のような反応式で存在します。

この反応において、もとの物質(NH4+)からH+を取り除くことで、NH3ができています。
つまりH+を取り除いた NH3共役塩基であり、もとの物質である NH4+共役酸です。

まとめ

今回の記事では共役酸・共役塩基とは何かそれらを見分ける方法について解説しました。
まとめると

・共役酸・共役塩基はH+が付いているか、付いていないかで「対」になっている物質
・もとの物質からH+を取り除いたものが共役塩基(もとの物質は共役酸)
・もとの物質にH+を付けたものが共役酸(もとの物質は共役塩基)

理解することができましたか?最後までご覧いただきありがとうございました!


リンク:にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました